アイピル通販ナビ

アイピルは性行為後に服用できる緊急避妊薬です。アイピルの効果、副作用、飲み方について紹介しています。

アイピルとは

アイピル

「アイピル」とはPiramal Healthcare社が開発したモーニングアフターピル(緊急避妊薬)で、先に販売された『ノルレボ』のジェネリック医薬品となっています。 ジェネリックと聞いて本当に同じ効き目があるの?と不安に思われる方もいるかもしれませんが、アイピル、ノルレボともに 含有されている有効成分は「レボノルゲストレル1.5mg」と全く同じものなので効果に差がでることはなく、安心して使用することが出来ます。

アイピルの効果・特徴

アイピルの有効成分である「レボノルゲストレル」は女性ホルモンである「黄体ホルモン」が含まれており、主にふたつの作用で妊娠を防ぎます。 ひとつに、この黄体ホルモンは排卵が起こる直前に投薬されると排卵の際に分泌される「黄体形成ホルモン」の働きを抑制し、排卵の動きを妨げます。排卵が遅れる、または排卵されないことで受精することもなく、避妊の効果が得られます。
また、黄体ホルモンは受精卵を着床しやすくするように子宮内膜の環境を整える働きを持つのですが、着床する前に子宮内膜の環境が整ってしまっていると着床しづらい環境になり、子宮内膜が剥がれ落ちて生理がはじまります。強制的に生理を引き起こすことで妊娠を防ぐわけです。

アイピルの一番の特徴はヤッペ法や一般的なノルレボ薬といったほかのアフターピルとは違い、1回1錠服用するだけいいことです。ジェネリック医薬品ということもあり、値段もほかのアフターピルより安価で、通販で購入することも可能なので手に入れやすいアフターピルとなっています。正しく使えば避妊率も高く、とても安全なので世界的にも人気があり、もしものときのためにとお守り代わりに持ち歩く女性も多いです。

アイピルの飲み方

アイピルの飲み方

アイピルは性行後に1回1錠、72時間以内に水かぬるま湯で服用。24時間以内に使用することで、より高い避妊効果を得ることが出来ますので、できる限り早めに服用することをオススメします。
注意しなければいけないのは、いままで別のアフターピルを服用していた人で1回2錠、または1錠を服用したあとに12時間おいて残りの1錠を服用していた場合です。アイピルは1錠に含まれる有効成分が他のアフターピルより多く、そのため1回の服用は1錠で済むようになっています。間違えて2錠服用しないようにしましょう。

また絶対に妊娠したくない、不安だからという理由でアイピルを多く飲んでしまうのは厳禁です。前述の通りアイピルは有効成分が多く含まれていますが多く飲んだからといって避妊効果が高まることはなく、むしろ思わぬ副作用を招いてしまう危険性があります。自分の身体のためにも用法用量は必ず守りましょう。
他にも注意しなければならないのが、一緒に服用してはいけない薬や健康食品があることです。 結核やてんかんの治療の際に服用される薬や、セイヨウオトギリソウを含む健康食品は併用しないようにしてください。なにか薬を服用中の人は一度、医師または薬剤師に相談することをオススメします。

アイピルの副作用

アイピルの副作用

どの薬にも副作用があるようにアイピルも同様に副作用のある薬です。アイピルの場合、服用したことで体内のホルモンバランスが崩れるために起こります。そのため強い副作用の症状が出る人もいれば、全く症状がない人もいると個人差があります。
頭痛、腹痛、吐き気、倦怠感、胸の張りや不快感が主な症状として報告されていますが、その中でも多いのが吐き気です。実際に吐いてしまうことも少なくなく、吐いてしまった場合はもう一度アイピルを飲みなおす必要があるので不安な場合は吐き気止めを一緒に服用するとよいでしょう。
どの副作用も大体1日~3日ほどで治まってきますが、耐え切れないほどの痛みだったり、5日以上続くようなら急いで病院へ行き診断を受けるようにしてください。

アイピルは副作用の少ない安全な薬ですが、中には危険な副作用もあり、肝障害や心疾患、腎疾患になったことがある人は副作用により症状を悪化させてしまう可能性が高くなるので注意が必要です。その他、持病があり、アイピルの使用を考えている場合、一度担当医師に相談すると安心でしょう。
また、避妊薬で一番心配される副作用である血栓症ですが、アイピルは血栓症を引き起こす可能性のある卵胞ホルモンを含んでいないため、リスクは少ないと考えられています。

アイピルに関する疑問

アイピルに関する疑問

Q.避妊成功率はどのくらい?

アイピルは正しく使用すれば9割以上という、とても高い確率で避妊を成功させることができます。 アイピルだけでなくアフターピル全般においていえることですが、早く飲めば飲むほど避妊効果は高まり、臨床試験の結果では性交後、24時間以内の服用で約95%、72時間以内の服用で約75%の避妊効果が報告されています。
また、72時間以降の服用も効果がないわけではありませんが、より確実な避妊を望む場合は早めに服用するようにしてください。

しかし、アイピルを早めに服用したからといって確実に100%避妊に成功するわけではありません。アフターピルはあくまで緊急用の薬であり、普段から妊娠を望まない場合は低用量ピルを使うことを考えてもよいでしょう。

Q.避妊成功ができたかの判断は?

アイピルを飲んだものの、ちゃんと避妊できているかわかるまではとても不安ですよね。 避妊が成功したか一番分かりやすいのは生理、または生理に似た出血(消退出血)です。
アイピルを飲んだあと、早くて3日後、遅い場合は3週間後に生理、または出血が確認できます。

しかし、このとき注意しなければならないことが、消退出血以外の出血です。 中でも着床出血は受精卵が子宮に着床したことで起こる出血で、生理の3日~5日前に確認できるので消退出血との区別が難しくなっています。
また、出血が起こらなくても避妊に成功していることもあり、心配な場合は生理予定日の1週間後に妊娠検査薬を使うか、産婦人科で受診を受けるほうが安心でしょう。

Q.服用後に嘔吐してしまったらどうしたらいい?

アイピルの副作用で一番多いものが吐き気・嘔吐ですが、これは体内のホルモンバランスが崩れてしまったことで起こります。もし、胃の中で成分が吸収されてしまう前に吐いてしまうと充分な効果は発揮されません。

服用後、2時間以内に吐いてしまった場合は再度アイピルを服用する必要があります。しかし、4時間~6時間後の嘔吐はすでに成分が吸収されているので飲みなおす必要はありません。 アイピルを初めて使う場合、吐き気・嘔吐が心配な人は市販の吐き気止めを併用するといいでしょう。

それでも激しい吐き気に襲われる、または2回目も吐き出してしまった場合は医師の診察を受けるようにしてください。 3回目の服用は思わぬ副作用を引き起こしてしまう危険性があるので自己判断での服用はやめましょう。

Q.副作用はいつまで続く?

アイピルは他のアフターピルに比べると副作用の少ない薬となっていますが、体内のホルモンバランスを無理矢理変化させてしまうので、その人の体調や体質によってはどうしても避けられない場合もあります。
アイピルの副作用は体内のホルモン量が変わったことで起こるものなので、大体数時間~24時間と、時間の経過と共に落ち着いていきますが、中にはなかなか治まらない人もいます。
頭痛や吐き気が酷い場合は薬局で売られている頭痛薬や吐き気止めを服用するとよいでしょう。頭痛薬や吐き気止めの併用による相互作用はありませんが、心配な場合、薬剤師に相談すると安心です。

また、重い副作用が3日以上続く場合は早急に医師の診察を受けてください。

Q.生理予定日になっても生理がこない場合どうしたらいい?

アイピルを服用した場合およそ3日後に生理が来る人もいますが、個人差があり中には3週間後に来る人もいます。
薬を服用して3日から3週間以内に生理予定日が含まれているとその間に生理は来るはずですが、妊娠を望んでいないときになかなか生理が来ないととても不安だと思います。
女性の身体はとてもデリケートで、少しのストレスや環境の変化で生理周期がずれてしまうこともあります。 生理予定日になっても生理が来ない場合は落ち着いてもう少し様子を見てみましょう。

もし、生理予定日から1週間以上経っても生理がくる様子がない場合は妊娠検査薬を使うか、産婦人科で相談しましょう

Q.常用しても問題ない?

アイピルを始めとするアフターピルは、妊娠を望んでいないのに避妊具を使用しない状態での性交や、避妊具を使用したとしても思いがけないトラブルで失敗してしまったときに使用する緊急用の避妊薬です。そのため、薬に含まれている成分も強く、連続して使用すると身体に大きな負担がかかってしまい思いがけない病気を誘発してしまう恐れがあります。短期間で連続で使用することは絶対に行わないようにしてください

普段から妊娠を望まず、アフターピルを常用したいと考えているのなら100%避妊できる低用量ピルの使用も検討したほうがよいでしょう。低用量ピルは毎日飲まなければならず、多少面倒にも感じてしまいますが正しく使えば100%避妊が出来る薬です。身体のためにも負担が少ない方法を考えましょう。

Q.amazonや楽天でも購入できる?

アイピルは病院での処方以外に通販で購入することが出来ますが、残念ながらAmazonや楽天といった大手通販サイトでは取り扱いがありません

これはアイピルが「第一類医薬品」という薬に分類されているためです。第一類医薬品は薬局でも買えますが、販売が許可されているのは薬剤師のみです。薬局で薬を買おうとして「いまは薬剤師が不在で販売できません」と言われたことはありませんか?アイピルはその薬と同じ分類に入っているのです。
いまでは薬事法の改正で個人的に使用する目的でのみ、医薬品を個人輸入することは認められているので、もし通販での購入を考えている場合は輸入代行サイトを利用してください。その場合、信頼の出来るサイトであるか自身で見極める必要があります。中には効果のない偽物を販売しているサイトもあるため、注意が必要です。

Q.病院処方の場合は、保険は適用される?

アフターピルのアイピルや低用量ピルに関しては、基本的に保険適用外となります。アイピルは避妊目的で使用するため、健康上に問題はなく、治療するために使うものではないため、病院処方の場合は全額自己負担になります。そのため、病院に行くと診察料と薬代をあわせると、およそ5000円~15000円と高額の費用がかかってしまいます。また病院によって診察料・検査料などが異なりますので、それ以上の金額を請求されることもあります。

通販サイトでは安い価格で買う事が出来るため、病院で購入するよりも通販を利用した方が大幅に費用を抑えることができます。アイピルは避妊に失敗した時、性的暴行の被害に合った時などに使う医薬品です。早めに使用することで避妊阻止することができるため、何かあった時に不安になりながら病院で処方してもらうよりも、万が一の時に備えて、ネット注文し手元に置いておくと安心です。

Q.アイピル服用後に妊娠してしまったら、赤ちゃんに影響ある?

結論から言うとアイピル服用後に妊娠したとしても受精卵に影響はありませんので、心配する必要はありません。

まず消退出血がある、排卵すると言う事は、アイピルを服用して吸収されたホルモンの影響が無くなってから起こる現象です。ですので、血液中にそのホルモンは無くなっていることになります。そのため、排卵して妊娠したとしても問題はないのです。仮にアイピルを服用していなかったとしても、自然流産する確率は10%~15%ですので、もしも流産したとしてもアイピルを服用した影響でそうなったというわけではありません。アイピル服用後に妊娠した場合は、飲酒や喫煙、副流煙に気をつけましょう。

Q.タバコを吸っても問題ない?

アイピルを使う場合は、タバコは吸わないほうが望ましいです。普段からタバコを吸っていてアイピルを飲むと、循環器系や心臓などへの副作用があり、非常に危険な状態になると報告されています。ですので、アイピルを使うのであれば、禁煙することが大事です。けれども、普段からタバコを吸っている方にとっては、そう簡単にタバコをやめることは難しいかと思います。やめる事ができない場合は、なるべく吸う本数を減らすようにしましょう。アイピルは1錠のみ服用するため、ヤッペ法に比べると副作用は軽減されていますが、それでもタバコを吸うことで副作用のリスクが増してしまいます。そうでなくてもタバコは健康にも美容にも良くありませんから、体のことを思えば禁煙した方がよいでしょう。

アイピルの購入方法

アフターピルは病院からの処方と通販サイト、この2つの方法で購入する事ができます。病院よりも通販の方が安い価格で簡単に購入できますが、それぞれメリット・デメリットがありますのでわかりやすくまとめてみました。

病院

病院でアフターピルを処方してもらう場合は、ヤッペ法またはノルレボの2種類です。アイピルはノルレボのジェネリック薬ですが、日本の病院では取扱っていないためアイピルを購入することはできません。けれども、先発薬のノルレボであれば購入可能です。

ヤッペ法は薬価が3,000円ほどと安いのに対し、ノルレボの場合は診察料も含めて5,000円~15,000円と高額になります。薬の値段だけで判断するとヤッペ法を選択する方が多いかと思いますが、ヤッペ法は値段が安いわりに副作用が出やすく、多くの方が吐き気や嘔吐といった症状に悩まされます。嘔吐してしまい、薬の成分まで吐いてしまっては妊娠を防ぐ効果が薄れてしまいます。
そのため、副作用のリスクを減らすには高い値段だとしてもノルレボを選択した方が良いと言えるでしょう。

仮に服用後に嘔吐してしまった場合は、もう一度薬を飲みなおす必要があります。アフターピルは性交後に飲んで避妊を阻止する薬ですので、低用量ピルとは違い強い薬です。よってそれを飲みなおすということは、体に負担がかかってしまいます。副作用のリスクを減らす事を考えて薬を選ぶ事も重要になってきます。
病院でアフターピルを処方してもらう場合は、保険適用外のため全額自己負担になります。高額な費用が必要になるというデメリットはあるものの、手元にアフターピルがなくても病院で診察を受ける事ですぐに薬を手に入れることができるというメリットもあります。

通販

通販

病院ではノルレボのジェネリック薬であるアイピルを扱っていませんが、通販サイトではアイピルを購入することができます。
病院では医師からの処方せんが必要で、それには必ず病院へ行き診察を受けなければいけません。けれども、通販サイトでは処方せんなしでアイピルを購入することができますので、慌てて病院に行かなくても良いというメリットがあります。

さらに病院では5,000円~15,000円ほどの必要が費用が掛かりますが、通販サイトでは約800円~1,300円ほどで購入できます。 ただし、薬は海外から取り寄せることになりますので、注文してから手元に届くまで数日かかってしまうデメリットもあります。アイピルは緊急用の避妊薬ですから、女性であれば万が一の時に備えて1つは持っておきたいものです。そのため、前もって通販で購入しておくと安心します。
さきほどもお伝えしたとおり、通販サイトで注文したとしても、2~3日で届くわけではありません。およそ7日~12日後に商品が届きますので、避妊に失敗してしまった時に注文しても72時間以内に飲むことができないため、今すぐにでも薬を使いたい方には通販ではなく病院で処方してもらいましょう。

通販で購入する流れ

アイピルは通販サイトで入手する事ができますが、通販サイトと言っても大手のAmazonやYahoo!ショッピング、楽天などでは購入する事が出来ません。医薬品を扱っている個人輸入代行の通販サイトで購入可能です。

個人輸入と言いましても、業者が個人輸入を代行してくれるため、その通販を利用する人は難しい手続きや申請を行う必要がありません。個人輸入代行の通販サイトも大手通販サイトと同じように、日本語で表記されており、買いたい商品があれば注文ボタンを押すだけです。普段、ネットで買い物している方であれば、操作などむずかしくありません。

注文した後は、クレジットカードでの支払いまたは銀行振り込みなど料金の支払いが完了すれば、あとは海外から商品が届くのを待つだけです。ここで注意しなければいけない事は、注文した薬を販売したり、譲渡することは禁じられています。薬が合わなかった、間違えて多く注文してしまったなど、どんな理由でも販売・譲渡することは出来ません。販売目的で個人輸入する場合は、申請などの手続きが必要になります。それ以外にも、一回で個人輸入できる薬の個数に限りがありますので、その点は注意しましょう。

偽物と本物の見分け方

偽物と本物の見分け方

アイピルは海外医薬品のため、購入する場合は個人輸入する事になります。自分自身で薬を買うために海外に行くのは現実的ではありませんし、高額の費用が掛かってしまいます。
ですから、海外の薬を扱っている個人輸入代行の通販サイトで購入する事になります。

アイピルは安い値段で購入でき、効果も高いため、日本のみならず海外でもとても人気のある医薬品です。そのため、通販サイトでごく稀に偽物の薬を販売している業者もいます。 アイピルを注文してから実際に手元に届いた際に、その薬が正規品なのか、それとも偽物なのか見分けることは非常に難しいです。アイピルのパッケージが違ったり、中身をあけて薬の形や色が異なる場合は、私たち素人が見ても気づくことができるかもしれません。けれども、パッケージや薬の形・色も同じだった場合は、正規品なのかどうか見分けることが出来ません。

そもそも薬が届いてから正規品かどうかを判断するのは遅すぎます。個人輸入代行の通販サイトを利用する場合は、信頼できるサイトを利用する事が重要になります。

本物のアイピルを入手する方法

先ほどお伝えしたとおり、購入して届いた薬が正規品かどうかの判断は難しくなるため、本物のアイピルを入手するには信頼できる通販サイトを利用する事が重要です。 では信頼できるサイトとは、どのようなサイトなのでしょうか。
個人輸入の通販を利用することで、病院処方よりも安値で販売されている事がほとんどです。けれども、あまりにも薬の値段が安すぎる場合は偽物の可能性があります。アイピルの価格相場は通常約800円~1,500円ほどです。もしも、1箱300円など安値の設定をしている場合は、偽物の可能性がありますのでご注意ください。

また、メーカー正規品を保証しているかサイトなのかも調べておきましょう。万が一、薬の箱が破損していた場合や偽物の薬が届いた場合、交換してくれるのかどうか・・・正規品を扱っているサイトであれば、良品を再度発送する対応(保証)しても問題ないはずです。

その他にも、問い合わせ窓口は設置されているのかどうかも確認しましょう。もし偽物を扱っている業者だとすると、クレームが多くそれをいちいち電話で対応すると、とんでもないことになりますよね。悪質業者は電話での窓口は設置していない事が多いです。そのため、問い合わせ窓口はメールと電話、両方あるサイトであれば、信頼度は高くなります。
価格だけで判断せずに、信頼できるサイトなのか見極めることで本物のアイピルを手に入れることができます。

アイピルの口コミ・体験談

口コミ

口コミ

・もしもの時に備えてアフターピルが欲しく・・・けど病院だと高い事がわかったので、通販で1番安いアイピルを購入しました。まだ使ったことないけど、持っているだけでも安心かなぁと思ってます。

・付き合ってもいない人に中だしされた事があって、病院で処方されて飲んだ事があります。お酒を飲むと、いい感じになった相手と関係を持ってしまうので、ゴムとアイピルを常備してます。ちゃんとゴムつけてくれたらいいけど、つけない人もいるから。

・保険的な感じで購入しました。注文してから10日くらいで届いたので、使いたい時に注文すると遅いかもですね。

・アフターピルにもいくつか種類があったけど、アイピルが1番安くて、1錠飲むだけで良いということもありアイピルを買いました。安く手に入ってよかったです。

・病院行ったら保険適用外だけど、通販だと1,000円くらいで販売してたから、通販で購入しました。

・副作用で嘔吐する可能性があると知り、念のため3箱まとめ買いしました。副作用で吐いた時に少し多めに持ってると安心かも。

・実際にアイピルを飲んで妊娠せずに済みました。ちゃんと効果のある薬でよかったです!あまり使わないほうがいいみたいだけど、万が一の事を考えると常に持ち歩きたいなと思い、最近また注文しました。

体験談

24歳 女性の場合 二年ほど前に一度、産婦人科でアフターピルを処方してもらい飲んだ事があります。その時、結婚や妊娠なんて考えていなかったけど、合コンで知り合った年上の男性と生で何度かセックスしました。いわゆるセフレの関係。いつものように居酒屋に行った後に、ホテルに行ったとき、カレに中だしされてしまって・・・。コンドームもつけたり、つけなかったりだったけど、中だしされたのは初めて。その時は私のお酒を飲んでたし酔っ払ってたので、気にしなかったけど。朝になってパニック。妊娠したらどうしよう!と慌てて。親に相談なんかできないから、友達に連絡して、産婦人科に行きました。
その時に初めてアフターピルの存在を知り、処方された薬を飲んだんですけど、副作用がとても辛くて薬飲んだ後に嘔吐。病院に電話で連絡したら、また飲みなおさないといけないと言われて、また病院へ。

その時は避妊に成功したけど、また何かあったときのためにと思って、通販でアイピルを2つ買いました。副作用で吐いてしまったときのことを考えると、2つ持ってた方が安心ですからね。病院だと、避妊に失敗したとか、避妊せずにエッチしちゃったとかいちいち言わなきゃいけない。パニックになっている時に、そんな恥ずかしい事を口にするのはイヤなので。そういう意味でも、通販でアイピルを購入した方がお得で精神的にも辛くないと思います。 使う使わないは別として、女性であれば1つも持っていたい薬です。

アフターピルと低用量ピルの違い

アフターピルと低用量ピルの違い

妊娠を望んでいない時に力になってくれるのがピルです。ピルにはアフターピルと低用量ピルの二種類あるのですが、まずアフターピルというのは性行為後に飲んで妊娠を阻止する目的で使う事ができる薬です。性行為後、72時間以内に飲むことで高確率で妊娠を防ぐ事が出来ます。 一方、低用量ピルの場合は、ほぼ毎日1錠を同じ時間に飲むことでホルモンのバランスを調整して妊娠しにくいようにし、生理のリズムを整える事で避妊や生理不順、生理痛を緩和する効果があります。

アフターピルの場合は、避妊に失敗して事後に服用して対処する際に使いますが、低用量ピルの場合は避妊以外に毎月重い生理痛に苦しんでいる方や、生理不順を改善したい方も使う薬となっています。
性的暴行の被害にあった、コンドームが破けた、妊娠を望んでいないのに男性側が避妊具をつけてくれなかったという時にアイピルなどといったアフターピルを使います。このような予期せぬ出来事があった後、通常は病院にて受診し処方してもらう必要があります。けれども土・日・祝日の場合は休診の病院もあったりしますし、日本の病院では常備薬としては処方してくれません
海外ではスーパーや薬局で販売されているため、使いたい時にいつでも購入でき、常に持ち歩いている女性が多いです。 アイピルは通販サイトで安値で購入可能で、医師からの処方せんも必要ありません。 万が一の時に備えて持っていたいという場合は、通販サイトで購入して何かあった時のために持っておくことをオススメします。

アイピルのまとめ

アイピルは緊急避妊薬で、ノルレボのジェネリック医薬品です。 含有されている成分は先発薬のノルレボとと全く同じもので、安心して使う事ができます。

性行後、72時間以内にアイピル1錠を飲む事で妊娠を阻止する事ができますが、服用する時間が24時間以内と早く飲めば飲むほど高い確率で避妊効果を得ることが出来ます。そのため、できる限り早めに服用することをオススメします。

先発薬のノルレボであれば病院で処方してもらえますが、保険適用外のため費用はすべて自己負担となり高額になってしまいます。また何かあった時のために備えて持っておきたくても、そのような理由で処方してくれる病院はほとんどありません。 ジェネリック薬のアイピルは日本の病院では扱っていませんが、通販サイトを利用することで約800円~1,300円程度で購入することができます。もちろん医師からの処方せんも必要なく簡単に入手することが出来ますので、もしもの時の事を考えて持っていたいという場合は、通販サイトで利用すると良いでしょう。