アイピル通販ナビ

アイピルは避妊に失敗した後に服用する緊急避妊薬です。効果や避妊成功率、失敗する原因について紹介します

アイピルの効果

アイピルの効果

アイピルは性交後、72時間(3日)以内に飲むことで高い確率で妊娠を阻止する事が出来る緊急用のピルです。低用量ピルの場合は毎日飲む必要がありますが、緊急用ピルのアイピルは避妊に失敗した後に1錠飲むだけで高い確率で避妊する事ができます。他の緊急用ピルと違ってアイピルは副作用が軽減されているうえに、通販を利用すれば安い値段で購入することができるため、アイピルを選択する人が多いです。アイピルは72時間以内に飲むと効果があると言われていますが、早く飲めば飲むほど避妊成功率が高くなります。飲むタイミングによって避妊成功の確率が変わってきます。
24時間(1日)以内に飲んだ時と72時間以内に飲んだ時では、どのくらいの差があるのか。緊急用ピルで失敗する確率とその原因などわかりやすくまとめてみましたので、ご確認ください。

アイピルの避妊成功率

アイピルは性交後に使う事ができる緊急避妊薬ですが、緊急避妊ピルを使ったからといって100%確実に避妊できるとは限りません。アイピルの避妊成功率はどのくらいなのか気になりますよね。性交後24時間(1日)以内に飲むと95%、72時間(3日)以内に飲むと75%の確率で避妊に成功すると言われています。性交後3日以内に使う事を推奨されているのですが、このように3日以内と1日以内に使うのとでは、成功率に大きな差が出てしまいます。そのため、事後なるべく早めにアイピルを使う事でとても高い確率で避妊に成功することができます。

緊急用ピルを使うという事は、今赤ちゃんが出来てしまうと困る、今は子供を育てる自信が無い、相手が将来を誓い合った人ではないなどさまざまな理由があるからだと思います。早めに使用した方がいいとわかっていても、アイピルを常備していなかったりするとすぐに飲む事ができませんよね。緊急用ピルはドラッグストアや薬局、スーパーなどでは販売されていません。病院からの処方が必要なため、手元にない場合は病院へ行くしかありません。けれども病院は診療時間が決まっているため、避妊に失敗したのが夜だったりするとすぐに診察を受ける事が出来ません。

毎回避妊具(ゴム)を使っていたとしても、いつ何が起きるか予測できません。アイピルは通販サイトで購入可能なので、何かあった時のために備えて事前に薬を注文し、常にバッグやポーチの中に入れて持っていると安心です。早ければ早いほど避妊成功率が高くなりますので、慌てる前に通販で購入することをオススメします。

失敗の確率とその原因

前述のとおり、アイピルの避妊成功率は事後1日以内の利用で95%、3日以内の利用で75%という報告があり100%確実に避妊できるものではありません。避妊失敗の確率は5%~25%になるのですが、何が原因で失敗してしまうのでしょうか。原因を知ることで避妊失敗のリスクを下げる事ができるので、チェックしておきましょう。
まず失敗する原因は以下のとおりです。

・服用するタイミングが遅かった
・服用後3時間以内におう吐や下痢をした
・服用後、避妊できたか確認する前に性行為をした

冒頭でもお伝えしたとおり、アイピルは事後3日以内に服用することを推奨しているため、事後3日以上経過していた場合は薬の効果を期待することが出来なくなります。また3日以内に服用したにも関わらず、薬を飲んで3時間以内におう吐や下痢をして、薬を飲みなおさなかった場合は避妊に失敗する恐れがあります。服用後3時間以内の場合、飲みなおす必要があると知らなかった。予備の薬が手元になくてすぐに服用できず、事後3日以上経過していた場合も避妊に失敗した原因だと考えられます。

飲むタイミングが早ければ早いほど避妊効果を期待する事ができますので、事後早くアイピルを使用するには病院で診察を受けて処方してもらうよりも、通販を利用して万が一の時に備えておくことで、より高い確率で避妊する事ができます。緊急用ピルを病院で処方してもらう場合は今必要な分のみ処方されるため、吐いた時のことを考えて予備で多めに欲しいという場合は通販を利用すると良いでしょう。

そもそもアフターピルって何?

そもそもアフターピルって何?

アイピルは妊娠を望んでいないのに避妊に失敗した、性的暴行事件に巻き込まれた時に使うことができる緊急避妊薬です。妊娠を望んでいないのに避妊に失敗してしまうと、女性の身体と心に負担が掛かってしまいます。避妊に失敗してしまうと頭が真っ白になり、どうしたら良いのか混乱する方が多いかと思います。そんな時に女性を救ってくれるのがアフターピルです。

日本国内ではアフターピルの存在を知らない人の方が多いかもしれませんが、海外では自分の身体を守るために避妊具はもちろん、アフターピルを持ち歩いている女性が多いです。アフターピルにはヤッペ法とLNG法があります。ヤッペ法は古くから使われていて、薬価も安いのですが、副作用がでやすいというデメリットがあります。もう一方のLNG法は比較的新しい薬で、ヤッペ法に比べると副作用がでにくく、事後1錠服用するだけでヤッペ法と同じく妊娠を回避する事が出来ます。
低用量ピルは毎日服用して生理をコントロールしますが、アフターピルは事後に服用して生理をコントロールして妊娠を回避するものです。

副作用が出にくいアイピルの効果まとめ

副作用が出にくいアイピルの効果まとめ

アイピルは避妊に失敗した後、72時間(3日)以内に飲んで高確率で妊娠を回避する事が出来る緊急用ピルです。緊急用ピルには古くから使われているヤッペ法と副作用が出にくいLNG法の2種類あります。アイピルはLNG法で、ノルレボ錠のジェネリック医薬品です。ジェネリック薬も先発薬と同じ有効成分は含まれているため、効果や避妊成功率はまったく同じです。

ヤッペ法は副作用が出やすく、多く方が服用後に吐き気の症状があることがわかっていて、吐き気の影響で実際に吐いてしまう方も少なくありません。服用後すぐに吐いてしまうと薬を飲みなおす必要があります。一方、アイピルは副作用が出にくいため、ヤッペ法に比べるとおう吐する確率が少なく、服用後に避妊に失敗することが少ないため、アフターピルの中でもアイピルが1番人気のある薬です。

ヤッペ法は2回服用しなければいけませんが、LNG法の場合は1回服用するだけでいいので飲み忘れを防ぐ事もできて安心です。あいにくアイピルは日本の病院では処方してもらえませんが、通販サイトを利用する事で購入する事ができます。通販を利用する場合は注文から数日後に届くため、避妊に失敗した時のために備えて注文することをオススメします。