アイピル通販ナビ

アイピルの正しい飲み方や注意点、失敗しないために気をつけるべき事など詳しく紹介しています。

アイピルの正しい飲み方

アイピルの正しい飲み方

アフターピルにはヤッペ法とLNG法の2種類あります。ヤッペ法の場合は、避妊に失敗した後72時間(3日)以内に2錠飲み、そのあとさらに12時間後に再び2錠飲みます。一方のLNG法(アイピル)の飲み方は、避妊に失敗した後72時間(3日)以内に1錠服用するだけです

病院から処方してもらう場合、プラノバール錠(ヤッペ法)かノルレボ錠が処方されるのですが、ノルレボよりもプラノーバルの方が安いためプラノーバル錠を選択する方がいます。同じアフターピルなので、通販サイトでアイピルを購入し、誤った認識のもとヤッペ法と同じような飲み方をする方もいるので注意しましょう。
購入前にアフターピルの飲み方を検索し、そのサイトがヤッペ法の飲み方を紹介しているページなのにアイピルも同じ飲み方でOKと思い込んでしまい、誤った飲み方をしてしまうと、大変危険です。

アイピルは低用量ピルと違って、とても強い薬なので、定められた量を超えて飲んでしまうと思わぬ副作用の症候が起こる可能性があります。通販サイトでアイピルを購入した場合、飲み方などの説明書は外国語で書かれている事が多いです。ですので、通販サイトを利用する際は、購入したサイトなどで正しい飲み方をしっかり確認しましょう。

アイピルの飲み方・注意点

アイピルを使用する際、いくつか注意しなければいかない事があります。 アイピルを飲んではいけない人、他の医薬品や食べ物・飲み物との飲み合わせ、服用後に気をつけなければいけない事などいくつかあります。病院でアフターピルを処方してもらう場合は、医師または薬剤師から説明があると思います。けれども通販を利用してアイピルを購入する場合は、自分自身で調べておく必要があります。
アイピルの飲み方で注意しなければいけないことをまとめてみましたので、確認してみてください。

アイピルを飲んではいけない人

アイピルを飲んではいけない人

アイピルは避妊に失敗した後に使う緊急避妊薬です。 他の薬にも使ってはいけない人や注意が必要な人がいるのと同じで、アイピルの使用も使ってはいけない人、注意が必要な人がいます。
アイピルを飲んではいけない人というのは、以下のような人です。
・妊娠している人
・妊娠している可能性がある人
・糖尿病を患っている人
・高血圧の人
・35歳以上のヘビースモーカーの人

そもそもアイピルは、妊娠を望んでいないのに避妊に失敗してしまった場合に服用して妊娠することを阻止する薬です。すでに妊娠している方がアイピルを服用したからといって、妊娠をなかったことにできるものではありません。中絶する医薬品ではありませんので、妊娠は継続します。

また糖尿病や高血圧の方もアイピルを使う事は出来ません。その他にも、35歳以上のヘビースモーカー(1日15本以上たばこを吸っている方)も服用できません。禁煙できるのであればアイピルを利用する事が出来ますので、いつかアイピルにお世話になる日が来るかもしれないと思っている場合は、この機会に禁煙しましょう。たばこは身体にもお肌にも良くありませんので、健康・美容のためにも禁煙してみてはいかがでしょうか。

飲み合わせ

アイピルを使う場合、飲み合わせにも注意する必要があります。特に普段から何らかの病気で通院していて、他の医薬品を服用している場合は担当医にアイピルと併用しても問題ないか確認するようにしましょう。 理由としては、次のような薬とアイピルを併用することで重い副作用の症候が出てしまったり、アイピルの効果に影響がでる恐れがあるからです。
・喘息の発作を緩和させる薬
・テトラサイクリン系の薬
・ペニシリン系の抗生物質

その他にもサプリメントで、セントジョーンズワートやチェストベリーなどを服用している方も注意が必要です。女性ホルモンに作用する成分なので、アイピルと一緒に飲んでしまうと効果が薄れてしまう可能性があります。
せっかく効果のある薬を飲んだとしても、その効果を低下させるような飲み方をしてしまっては意味がありません。

またグレープフルーツ(ジュースも含む)と一緒に飲むと、アイピルの作用を高めてしまいます。そのためアイピル服用中はグレープフルーツは避けて、コップ一杯の水またはぬるま湯で飲みましょう。
ビール等のアルコール類は薬の効果に影響を与える事はないものの、普段よりも肝臓に負担がかかります。らにアルコールを飲みすぎると吐き気やおう吐してしまいます。アイピル使用後、3時間以内におう吐した場合は効果に影響が出ますし、飲みなおす必要が出てきます。そのため、アイピル使用中はアルコールは飲まないようにしましょう。

2回飲んでしまっても大丈夫?

2回飲んでしまっても大丈夫?

アイピルは避妊失敗後72時間(3日)以内に1錠服用するだけでいいLNG法なのですが、アフターピルには72時間後に2錠服用、さらにその12時間後に再び2錠服用するヤッペ法があります。そのため、誤って2回飲んでしまった、服用した後3時間以上経過しているけど効果が不安で再度1錠飲んでしまった、1錠だけ本当に妊娠が阻止できるのか不安でもう1錠飲んでしまうと非常に危険です。

1錠飲んで効果が出る薬という事は、その分強い薬ということになります。強い薬を決められた量を超えて飲んでしまうと思わぬ副作用が起きる可能性が高くなってきますので、必ず用法用量を守りましょう。薬を多く飲んだとしても、100%確実に避妊できるというわけではありません。多く飲んだとしても避妊成功確率に変わりはありません

また一度アイピルを服用して妊娠を阻止し、数日後にまたアイピルを服用する事はおすすめできません。アフターピルは100%避妊に成功するわけではありません。現在、妊娠したくない、妊娠すると困るという方はアフターピルではなく、低用量ピルを毎月服用する。もしくは男性側にきちんと避妊具をつけてもらうようにしましょう。

72時間以内に飲めなかった場合の対処法

アイピルは避妊具(ゴム)が破れてしまっていた、相手が避妊せずに中に出されてしまったあと、72時間(3日)以内に服用することで高い確率で妊娠をくい止める事が出来ます。では、72時間以内にアイピルが飲めなかった場合は、どうしたら良いでしょうか。

まず避妊成功率から見てみると、避妊に失敗したあと24時間以内で95%、24時間~72時間以内の服用で84%、72時間~120時間以内の服用で60%となります。この数字を見てもわかるとおり、72時間以上経過すると避妊成功確率が大きく下がることが分かります。推奨されている飲み方としては72時間以内とされていますが、72時間以上経っていたとしてもすぐにあきらめずにアイピルを服用しましょう。120時間経過している場合は、避妊効果を期待する事ができませんので、その際は病院で相談するようにしてください。

夜、男性と性行為して避妊具(ゴム)がやぶれてた、中に出されてしまったという場合、朝になるまで病院で診察する事は出来ませんので、それまでの間とても不安になりますよね。けれども事前に通販で購入して、常に持ち歩いていれば病院が開く時間まで不安な気持ちになる必要もありません。アイピルは早く飲めば飲むほど避妊成功率が高くなりますので、通販を利用して常備してみてはいかがでしょうか。

服用後に気をつけること

服用後に気をつけること

アイピルを飲んだ後、いくつか気をつけないければいけない事があります。まず1つは、消退出血の確認です。アイピルを服用後、早い方であれば3日後、遅い場合でも2週間後には出血があると言われています。排卵期との関係性によっては月に2回生理がある方もいるようです。ちゃんと避妊できたか早く知りたいとは思いますが、1週間経っても出血がなくても慌てないで、まずは生理予定日まで待ちましょう。

出血がなかった場合でも避妊に成功できるている事もありますし、逆に出血が確認できたとしても消退出血とは違う出血の可能性もあります。出血の量が気になる、生理予定日を過ぎても出血の確認が出来ないという場合は、なるべく早めに病院で診察を受けてください。
次に気をつけなければいけない事は、アイピルを服用後、避妊成功の確認ができるまでは性行為は控えてください。今回飲んだアイピルの有効性は、前回避妊に失敗した時のものが対象であり、アイピルを飲んだばかりだから安心!というものではありません。もしもアイピルを飲んだ後に性交して前回と同じように避妊に失敗してしまったり、避妊具を使わずに行った場合は妊娠する可能性があります。

アイピルは強い薬ですので、連続的に使うことは出来ません。次も避妊に失敗したらまたアイピルを使えばいいと安易に考えないようにしてください。本当に妊娠を望んでいないのであれば、普段から低用量ピルを使った方が身体のためです。アイピルは望まない妊娠をくい止めるための薬ですが、飲み方次第で避妊成功率や身体への負担もかわってきますので、飲み方・服用後の身体の様子や注意点に関しましてはよく覚えておきましょう。