アイピル通販ナビ

アフターピルと低用量ピルの使用目的や飲み方、効果に違いについて詳しく紹介しています。

アフターピルと低用量ピルの違い

アフターピルと低用量ピルの違い

女性が妊娠を望んでいない時に力になってくれるのがピルです。日本国内でよく使われている避妊具というとコンドームなのですが、その避妊成功率は約86%です。一方、ピルの避妊成功率は75%~99%と数値に差があるものの高い確率で避妊する事が出来ます。ピルの避妊率の数値に差があるの理由は、使用するピルの種類によって避妊の確率が異なるからです。

ピルにはアフターピルと低用量ピルがあり、性交後(避妊に失敗した後)に使うことができるアフターピルは服用するタイミングによって避妊成功率が大きく変わります。同じピルでも使用目的や効果、飲み方に違いがあります。

使用目的が違う

アフターピルと低用量ピル、どちらも避妊する目的で使う薬です。けれども低用量ピルの場合は避妊目的のみだけではなく、人それぞれ症状を改善したくて使っている方もいます。例えば、生理不順や重い生理痛の緩和、PMS、月経のコントロール、生理前の肌荒れ解消を目的に使っている方も多いです。毎日1錠服薬することで、ホルモンのバランスの乱れが正常になり、これらの症状を改善する事が出来るのです。また正しい飲み方をすることで99%とほぼ確実に避妊する事ができます。

緊急用のピルは性交後72時間(3日)以内に服薬することで75%~95%の確率で避妊する事ができます。低用量ピルの場合は毎日1錠服薬しなければいけませんが、アフターピルの場合はヤッペ法であれば2回服薬、LNG法の場合は1回のみ服用するだけです。アフターピルは性交後に使う緊急用ピルなので、低用量ピルに比べると強い薬です。
アフターピルは事後に使う事が出来るので中には中絶する薬だと勘違いしている方もいるのですが、中絶する薬ではありません。仕組みは低用量ピルと同じで薬を飲んで生理をコントロールし、妊娠を回避する薬です。低用量ピルを毎日飲まなくてもアフターピルで毎回妊娠を回避する事が出来ると安易に考える方もいるかと思いますが、短期間にアフターピルを連続で使うことは出来ません。さきほどもお伝えしたとおり、低用量ピルよりも強い薬ですので短期間に連続で飲んでしまうと身体に大きな負担が掛かってしまい大変危険です。

アフターピルは万が一の時に使うものですから、絶対に避妊失敗を避けたい、今は妊娠したくないという方は低用量ピルを使った方が身体への負担は減ります。

飲み方が違う

飲み方が違う

アフターピルと低用量ピルは飲み方が異なります。まず低用量ピルの場合は、薬の種類にもよりますが、毎日1錠飲む必要があります。避妊目的で飲む場合は、生理初日から毎日1錠服用します。生理初日というのは、生理がきて24時間以内ということになります。生理初日からピルを飲むことで、その日から避妊効果を得る事が出来ます。しかしながら生理初日にピルを飲む事ができず、2日目から7日目に飲み始め毎日服用することで、飲み始めた2週間後から避妊効果を得る事が出来ます。生理開始日から8日目以降になってしまった場合はその月の避妊効果は期待する事ができませんので、次の生理まで待つ必要があります。

ではアフターピルはどうでしょうか?アフターピルの場合は性交後24時間(1日)以内に使用する事で避妊することが出来るのですが、アフターピルにも大きくヤッペ法とLNG法の2種類あります。ヤッペ法は事後72時間以内に2錠飲み、それからさらに12時間後に2錠服薬します。もう1つのLNG法は事後72時間以内に1錠服薬することで避妊効果があります。一昔前まではヤッペ法が主流でしたが、近年は副作用がでにくいLNG法を使う方が多いです。

効果の違い

アフターピルと低用量ピルは効果にも違いがあります。アフターピルは妊娠を望んでいないのに膣内射精された時に使う緊急避妊薬なので、事後72時間以内に飲むことで高い確率で避妊効果を得ることが出来ます。低用量ピルも避妊効果がありますが、その他にも生理不順、PMS、月経のコントロール(日にちをずらす)、生理前の肌荒れ、生理痛などさまざまな効果があります。

お守り代わりに持っておきたいアフターピル

お守り代わりに持っておきたいアフターピル

アフターピルは緊急時に使うピルで、低用量ピルは毎日服用して生理をコントロールし妊娠しにくい状態にする薬です。妊娠を望んでいないのであれば、毎回避妊具を使うといいのですが、避妊具を使っていたとしても破れていたり、外れてしまっていた・・・など予期せぬ事がいつ起こるかわかりません。アフターピルは病院でも処方してもらうことは出来ますが、保険適用外のため全額自己負担となります。また吐いてしまった時のために予備で多めに処方してもらうことも出来ません。けれども通販では安い値段で買う事が出来ますし、予備の分も注文可能です。万が一の時に備えて、アフターピルをお守り代わりに持っていると安心です。